省エネ・創エネ.com Produced by Hasegawa Electric Industries.

column

コラム

コストダウン
自社の工場やオフィスで電気代削減を削減するための3つの方法

1.法人の電気料金の仕組み

まずは電気代を効率的に削減するためにも、製造業の工場などで使われている高圧電力の電気代の内訳や仕組みなどを把握していきましょう。
法人であっても一般家庭であっても、電気料金の基本的な仕組みは同じです。
電気料金は以下のように算出されています。

基本料金とは電力使用量に関係なく、電力会社に毎月支払う固定料金で、電力会社のプランによってこの金額は異なります。
電力量料金は使用電力量に基づいて計算されたものに「燃料費調整額」を燃料費の変動に応じて合算して算出します。
これに再エネ賦課金を加えた額が毎月電気料金として請求されます。
まずは、この仕組みを理解し、毎月どのくらいの電気料金を支払っているのかをきちんとチェックすることをおすすめいたします。

2.電気代削減の方法①:新電力への切り替え

ではここからは、具体的に電気代を削減する方法について解説していきます。
一つ目は「新電力への切り替え」です。
2016年4月に実施された電力小売り全面自由化に伴い、一般家庭も法人も、自らの意思で電力会社を選べるようになりました。

これまでは、大手電力会社10社(東京電力、関西電力、中部電力、中国電力、四国電力、北陸電力、東北電力、九州電力、北陸電力、沖縄電力)からしか電気を購入できませんでしたが、今では、自社にとって最適な各サービスプランを提供する新電力会社と契約を結ぶことが可能です。
新電力へ切り替えることで、電気料金が下がるだけでなく、事業所・工場・店舗が全国にあっても契約をまとめ、一本化することができ、支払いも一括でできるというメリットもあります。
また、これによって、集中購買によるさらなるコストダウンも可能になります。
その他新電力への切り替えに関してはこちらで解説しております。

新電力切り替えのメリット>>

3.電気代削減の方法②:省エネ商材の導入

2つ目の方法は高効率な空調やLEDを導入することです。
工場や施設で、10年、20年前のエアコンをそのまま使っていませんか?
古いエアコンは最新の省エネな空調機と比べ電気代もかかり、性能自体も劣るとても非効率なものが多いです。
お使いのエアコンが規模に合っていない場合や古いものであれば、買い替えを検討してみてはいかがでしょうか。

4.電気代削減の方法③:自家消費型太陽光発電

最後に「自家消費型太陽光発電の導入」です。
自家消費型太陽光発電とはその名の通り、自社の工場の屋根に太陽光発電を設置し、発電した電気を自社で利用する太陽光発電のモデルのことを指します。

自家消費型太陽光発電は発電した電気は売電するのではなく、基本的に自社で利用しますので、その分電力会社から買う電気を減らすことができるため、電気代の削減になります。

また、電気代削減だけでなく、停電時に非常用電源として活用できること、節税対策として有効であること、クリーンエネルギーとして環境貢献出来ることなど、様々なメリットがあります。

自家消費型太陽光発電のメリットについてこちらで詳しく解説しております。

「自家消費型太陽光発電とは?」>>

太陽光発電は高額商品だと思われる方も多いかと思いますが、太陽光発電の導入の際は補助金を活用することができるため、コストを抑えて導入が可能です!

5.最後に

太陽光発電、蓄電池、省エネ設備のことならいつでもご相談ください!

省エネ創エネ.comは株式会社長谷川電気工業所が運営しております。
私たち長谷川電気工業所は、電気・設備×ICTの技術で、日本国内のみならず世界の問題解決の一助になりたい。そう考え、日々研鑚を続けています。環境に優しいエネルギーを作ること、そのエネルギーを無駄なく使うこと。電気・空気・水・制御にかかわる総合設備業だからできる課題解決のノウハウを活かし、日本の進んだ環境技術で世界に貢献します。

太陽光発電・省エネ設備の導入をするなら弊社にお任せください!

一覧ページへ戻る