省エネ・創エネ.com Produced by Hasegawa Electric Industries.

column

コラム

創エネ・再エネ
初期費用0円で太陽光発電を導入できる「第三者保有モデル」とは?

太陽光発電は「導入費用が高い」ということが、多くの方が感じられているイメージかと思います。決して割高というわけではないのですが、発電所を建設しようとすると数百~一千万円という金額が必要になってきます。

しかし、この「第三者保有モデル(PPAモデル)」は、初期費用0円で太陽光発電設備を設置することができます。「第三者所有モデル(PPA)」と呼ばれるこのモデルは企業の大小にかかわらず導入が検討されており、太陽光業界でも注目されています。今回は「第三者所有(PPA)モデル」の概要と導入の流れについてご紹介いたします。

1.第三者保有モデル(PPAモデル)とは?

第三者保有モデル(PPAモデル)とはPPA事業者がお客様と契約を結び、お客様の工場やオフィスの屋根上に太陽光発電を無償で設置し、お客様が自家消費した分を電気代として、お支払いいただくモデルです。
このPPAモデルでは、PPA業者は太陽光で発電し使用された(自家消費分)の電気料金をお客様からお支払いいただく事で設置費用を回収します。ですので、設備導入時にお客様が費用を支払う必要はありません。

2.第三者保有モデル(PPAモデル)のメリット

①初期費用・メンテナンス費用が0円。

先ほどもご紹介いたしましたが、最大のメリットは0円で太陽光発電設備を導入できるということです。導入費用がネックに感じられている方でも、このモデルであれば問題なく導入ができます!
また、導入後のメンテナンス費用も掛からず、お客様が支払う費用は電気料金のみとなります。

②電気代削減ができる。

PPAはPPA事業者とお客様の間での契約になりますので、電気料金は両者の間で決定されます。多くの場合、電力会社から購入するよりも安い電気代で契約しますので、電気代削減につながります。

③契約終了後に太陽光発電設備が譲渡される。

PPAモデルでは事業者との契約が満了になると、その設備はお客様の持ち物になります。
ですので、契約終了後も電気代の削減や災害時の非常用電源など自家消費型太陽光発電のメリットを享受することができます。

自家消費型太陽光発電の詳しい内容はこちらをご覧ください>>

3.自己所有型太陽光発電との違い

つづいて、PPAモデルと自己所有型の違いについてご紹介いたします。

PPAモデル項目自己所有型
〇(0円)初期費用×(必要)
〇(0円)メンテナンス費用×(必要)
△(一定額のみ)電気料金削減効果〇(効果が大きい)
×(活用不可)補助金活用〇(利用可能)
×(活用不可)優遇税制活用〇(利用可能)

上記からわかるように、費用面を見るとPPAのほうがメリットは大きいですが、電気料金の削減効果や優遇税制活用による節税の面を考えると自己所有型にメリットがあります。

どちらのほうがより自社にとってメリットが大きいのかは、企業ごとの状況によりますので、自社合ったモデルを導入することをおすすめいたします。

4.最後に

太陽光発電、蓄電池、省エネ設備のことならいつでもご相談ください!

省エネ・創エネ.comは株式会社長谷川電気工業所が運営しております。
私たち長谷川電気工業所は、電気・設備×ICTの技術で、日本国内のみならず世界の問題解決の一助になりたい。そう考え、日々研鑚を続けています。環境に優しいエネルギーを作ること、そのエネルギーを無駄なく使うこと。電気・空気・水・制御にかかわる総合設備業だからできる課題解決のノウハウを活かし、日本の進んだ環境技術で世界に貢献します。

太陽光発電・省エネ設備の導入をするなら弊社にお任せください!

一覧ページへ戻る